看護師の転職で失敗しない為には?7人の事例から学ぶ情報収集の大切さ

看護師は転職が多い業界です。
しかし転職に成功した看護師は意外と少ないんです。
その原因の一つに、「情報収集不足」があります。
「もっとよく調べてから転職すればよかった」
そんな後悔をする前に、まずはこちらの転職失敗体験談をみてください。

1 転職に失敗したケース
2 転職に成功したケース
3 「転職で失敗しない為には」まとめ

1 転職に失敗したケース

入職前にきちんと確認や見学を

A.Yさん(30代 女)
病院 : 慢性期病院

私は急性期病院から慢性期病院へ転勤した30代の看護師です。
急性期での看護はとてもやりがいがあったのですが、激務に追われる中で体調を崩し退職することになってしまったのです。
しばらくお休みした後、やはり看護の世界に携わりたいという一心で、現在は転職し慢性期病院で働いています。

しかし体調のことを思い選んだ勤務先でしたが今はとても後悔しています。

なぜならあまりにも入職前に聞いていた情報、抱いていたイメージとのギャップがあったからです。

具体的には今の職場は慢性期ながら最先端の医療を行っており、設備も整っていると聞いていました。
ですが実際に入職してみると一世代前の看護で管理体制も甘く、お世辞にも最先端といえるものではありませんでした。
さらには職員も年配の方が多く、意識的にも技術的にも新しいものを取り入れようとする雰囲気は全く感じられませんでした。
長く続けると慣れが生じることは仕方ありません。
ですが、看護の世界は日進月歩で常に進歩してゆくべきだと考えています。

職員の皆さんはいい人たちばかりで、辞めたいという気持ちを伝えきれずにずるずる来てしまいました。
ですが体調も良くなり、改めて医療の現場で看護師として研鑽したいと考えていたので、このままでいいのかと思い悩む日々です。

転職時に参考にするものは数あれど、その情報は一元的なものでしかありません。
きちんと見学をしたり、試用期間があるのかどうか確認することが大切なんだと学びました。

面接で聞いていたことと違う

E.Aさん(20代 女)
病院 : 精神科

私は看護歴5年の20代の看護師です。半年ほど前に小児科から転勤をしました。

というのも自身の成長の為にもっと勉強ができる環境に身を置きたかったのです。
面接でその旨を伝えたところ無事採用が決まりました。
実際、転職先は大きな病院で、配属の希望も叶うと聞いていました。

しかしいざ入職してみると面接で聞いていたことと条件があまりにも違っていました。

希望する科へは入れず、配属されたのはよりによって一番苦手な精神科。
当然私の考えていたスキルアップとは程遠いものでした。

処置や採血、点滴も少なく、求められる看護技術は凄くアバウトなもので、急変時の対応も一般科とは異なることが多いです。
おむつ交換や入浴介助など求められる専門技術も、私自身が抱いていた看護のイメージとはかけ離れるものでした。
面接で聞いていたことと違うと言いたい気持ちはありますが、上司自体はとても優しいのでなかなか強く出ることが出来ずにいます。

確かに他の科でも学ぶことはあるし、自身の希望配属へフィードバックできることもあると思います。

でも自分が勉強したかったことはこれじゃないというモヤモヤを抱えながら勤務するのは凄く辛いことです。
自身がやりがいを感じて勤務するためには前もって業務内容を確認し、相違があった場合主張すること。
何より事前の情報収集が大事なんだと思いました。

教育体制が整っていない

R.Aさん(30代 女)
病院 : 二次救急

私は救急から循環器病棟へ転職をした5年目の看護師です。
自身のスキル上げや病棟での経験をしたかったのでしっかりと教育体制が整っている職場を求めハローワークを通じて転職しました。

しかしいざ入職してみると、職場の環境はハローワークから聞いていたものとは全く違っていました。
中途という扱いだからか出来て当然、分かっていて当然というスタンスで、とても教育が整っているとは言えません。
ゆっくり学ぶというより、ミスを起こさないように気を揉む毎日です。

面接では病棟経験は無いと伝えてあったのですが、たった一度経験したことは、もういいよ。任せます。という丸投げ状態。
最終的に自分が行った処置がちゃんとやれているかはイマイチわからないまま過ぎていきます。
私としてはきちんとメモも取って真面目に取り組んでいるのですが、振り返りがなくては何の自信も持てません。
私より早く入職された方も初日に何もわからないまま受け持ちをさせられたと聞きました。
以前の病院は三次救急でとても忙しいながら、きちんとプリセプターがついていましたし、リスクマネージメントもしっかりしていました。
知識と経験を増やすために教育体制が整っている職場を選んだはずが、これでは転職しない方がよかったとすら思えてきます。

確かに未経験の分野で働くことだけでもスキルになります。
でもただこなすだけでは自信もつかず、成長を感じられません。

でも転職するのは理由や目的があるはずです。それが私の場合はスキルアップでした。
譲れない条件はきちんと面接で伝え、ハローワークに頼りすぎず、自分から見学や情報収集を行うべきだったと思います。

人間関係が最悪!

B.Sさん(20代 女)
病院 : 精神科

一般科から精神科に転職した20代の看護師です。

前の職場で上司と折り合いが合わず、日々のストレスに耐えられなくなり、求人情報誌で「人間関係が良好」と書いてある精神科へ転職しました。

しかし転職した先でもまた人間関係に悩んでいます。

転職先は病棟の雰囲気も悪く、新人いびりや職員同士のいじめも多くある最悪の職場だったのです。

具体的には注意や指導と称して、細かい所作や言葉遣いを徹底的に罵倒する。
私物を隠したり、捨てられるといった嫌がらせも日常茶飯事です。
先輩のミスを新人になすりつけたり、してもいないミスを報告されたこともありました。
しまいには私が独身だからか、他の職員に色目を使っていると噂され、気づくと全体からいじめのターゲットになっていました。
発言力の強い者と、それに媚びへつらう者という構図が完全に出来ており、意見の違う者や苦言を呈する者は徹底的に攻撃する。
そんな最悪の職場であることを入職してから、やっと気づきました。

確かに職場の細かな雰囲気や、人間関係などは求人情報誌ではわからない部分も多いです。
私自身、精神科は職員の関係が良いというイメージがありました。
求人情報誌の情報を鵜呑みにし細かく調べなかった私も悪いです。
でも例えば転職サイトを利用したり、事前に見学に行ったりともっと自分で情報を集めておけば、職場の雰囲気に気づけたのかもしれないと後悔しています。

休みが取れない

Y.Kさん(30代 女)
病院 : 産婦人科

私は小児科から産婦人科へ転職した30代の子持ちの看護師です。
産婦人科の勉強をしたかったのもありますが、育児の為に自宅徒歩圏内の職場というのも魅力でした。
面接では院長から「残業なし」「看護師も人数がいるので子どもが熱を出したら気軽に休める」と聞いていました。

しかし実際はとても大変な日々を送っています。

なぜなら私が入職する少し前から立て続けに妊娠や体調不良で退職者が相次ぎ、半年経つ頃には6人の看護師が退職。
そのしわ寄せで毎日残業続きで、希望休をとるなんて口が裂けても言える雰囲気ではありません。
学校の行事も行けず、子どもにはいつも寂しい思いをさせています。

職場には結婚していない人か子どもが巣立った後の人しかおらず、気持ちを分かってくれる人もいません。
また、出勤シフトを決める60代のベテラン看護師の主任もお子さんはおらず、なかなか立場を理解してもらえません。
夜勤も面接で伝えた通り翌日が学校がお休みの日にしてもらっていますが、これも主任は身勝手でえこひいきだと言います。
「仕事と子どもどっちも選べると思ったら大間違い」「どうせあなたもすぐ辞めちゃうんでしょ?」と嫌がらせにも近い愚痴も言われています。

確かに育児の件で迷惑をかけていることは自覚していますし、職場の状況も分かっています。
面接を鵜呑みにした私も悪いです。

でも人にはそれぞれ事情があります。
私も子どもがいる以上仕事に全てを捧げることは出来ません。

面接だけではどうしても都合のいいことしか伝えてもらえません。
このようなことを避けるために前もって情報を集めておけばよかったと後悔しています。

彼女たちはなぜ転職に失敗してしまったのでしょうか。
次はこちらのケースをみてください。

2 転職に成功したケース

友人の手助けにより転職が成功!

O.Uさん(20代 女)
病院 : 一般病院

私はNICUから一般病院へ転職した20代の看護師です。
新卒からNICUで5年間勤務し、結婚の転居に伴い退職をしたのですが、転職はとても不安でした。

NICUは専門性が高く一般的な看護技術が無いので、本当にやっていけるのか。
教育体制が整っていなかったり、面接で聞いていたことと違っていたりしないか。
転職して失敗したという話はよく聞いていたので自分も失敗するのではないかと不安でいっぱいでした。

でも結果として転職は成功し、抱いていた不安も乗り越えることができました。

その一番の要因は友人の紹介や手助けがあったからだと思います。

現在勤務している一般病院はそこに勤めている友人に紹介してもらいました。
前もって私のことを伝えてくれていたようで面接の際もとても温かく迎え入れてもらいありがたかったです。
入職前には不安なことや分からないことをマンツーマンで教えてくれたこともありました。
あとから知ったことですが、職場でも私が受け入れられるように前もって色々気を配ってくれていたようです。
さらにはその友人は職場では私の上司にあたり、自身も忙しい勤務の中、今でもことあるごとに私を気にしてくれています。

確かに慣れない環境で働くことは不安も多いと思います。
聞いていたことと違うことを言われたり、時には理不尽な仕打ちを受けることもあるでしょう。

でも転職サイトや面接のみを鵜呑みにすることなく、多方面から情報収集をすることで、そのリスクを軽減することは可能です。
私の場合はそれが友人でした。
友人のおかげで、現場の生きた情報や現状を知ることができ、それを転職に活かすことができました。

教育体制の有無は大事

K.Dさん(30代 女)
病院 : 循環器科

教育体制に不満があり転職サイトを通じ転職を経験した30代の看護師です。
というのも以前の職場ではまともな指導をされることはなく、注意はされても教えられるということはありませんでした。
プリセプターもあって無いようなもので、こちらから質問しても先輩もよく分かっていないことすらありました。

しかし今の職場は全く違いました。教育体制の有無で、仕事のやりがいはこんなに変わるんだと驚かされたくらいです。
プリセプターも複数人いて、また先輩たちもとても優しく教えてくれます。
学習会も定期的に開催されており、勉強したいという意欲をちゃんと理解してくれます。
また、新卒と同じ新人研修にも参加ができたり、相談しやすい環境づくりがされています。
職場に馴染めるよう病院全体でフォローしてくれているという実感があります。

どこの職場も同じかもしれない、転職しても無駄かもしれないと不安はありましたが今は転職して本当によかったと思っています。

確かにやる気があれば独学でも勉強はできます。
でも周りの環境によってやる気は変わるものです。自身のやる気を100%発揮することができる環境を選ぶことが大事です。

その為には予め見学に行ったり、可能ならば実際に受診して雰囲気を知ること、面接や転職サイトを通じて教育体制の有無をきちんと確認することが大事なのだと思いました。

3 「転職で失敗しない為には」まとめ

彼女たちの転職の成否を分けたもの。
それは事前に「情報収集」を十分に行ったかどうかです。
O.Uさんの場合は友人のおかげで生きた情報が手に入り、転職に成功しました。
K.Dさんの場合は紹介してくれる友人はいなかったものの、自身で見学に行ったり事前の情報収集を徹底していたようですね。

転職は今後の人生を左右する大事なイベントです。
求人情報誌や面接での情報は一方的なものでしかありません。
入職してから予想と違うと後悔するより、事前に見学などを通じて色んな情報を得て、転職を成功させましょう!

情報なんてどうやって手に入れればいいのかわからない、という方は転職サイトに登録するという方法もあります。