やりがいを感じない看護師の悩みと解決法 原因は職場環境にあった!

看護師のみなさん、仕事で「やりがい」感じていますか?

やりがいがなくて悩んでいる・・・
そんな看護師さん、いませんか?

たかがやりがい、とバカにしてはいけませんよ。
やりがいを感じなくて悩む看護師って意外と多く、その悩みは深刻。
そのせいで看護師を辞めてしまうケースだってあるんですから。

そこで今回、 やりがいについて悩みを持つ看護師の体験談を集めました。
まずは読んでください。

  目次

  1. やりがいを感じない看護師
  2. やりがいを感じない原因
  3. やりがいを見つけた看護師
  4. まとめ

やりがいを感じない看護師

忙しすぎてやりがいなんて感じない・・・

I.Aさん(愛知県 女)
病院 : 急性期病院

「やりがい」って何ですか?
うちの病棟は万年人手不足で離職率が異常に高いです。
同期は3人いましたが、私以外は1年もたたず辞めました。
さらに、今年入ってきた新人2人は、3か月で2人とも辞めました。

認知症が多すぎ。
うちの病棟の入院患者さんはほとんどが70歳オーバー。
そうなると認知症患者が多くなります。
夜勤が鬼のように大変。
夜勤の仕事は不穏症状の患者の対応がメイン。
そして患者を転倒させないよう、休まず見張ること。

ベッド柵を全てつけ、コールマット・センサーも設置し、転倒・脱走対策を確実にします。
ただ、そのせいでいろんな病室から分刻みで離床を知らせるコールが鳴ります・・・
しかも、それらの対策をすり抜けて徘徊するつわものもいます。

大声で叫ぶ患者、殴りかかる患者、脱走を図る患者、自己抜去する患者は後を絶ちません。
今の時代、どの病棟にも認知症患者っているもんです。
でも、うちの病棟は人数が尋常じゃない。
もちろん見守る以外にも業務は山のようにありますけど!

看護師ってもっとやりがいを感じる仕事だと思っていました。
今まで、やりがいというものを感じたことがありません。

やりがいって何なんですか?毎日がいっぱいいっぱい。
どうしたら、やりがいって感じるものなんでしょうか・・・

やりがいどころじゃないっすね・・・

ルーティン業務で達成感がない

N.Uさん(千葉県 女)
病院 : 慢性期病棟

ルーティン業務にやりがいを見いだせずに悩んでいます。
出産を機に救急外来から、慢性期病院に転職して1年。
今の職場は育児と両立できるようにと選びました。
やり方が合わないようです。

ここでは機能別で業務が行われます。
受け持ちを30人~40人持つ人もいれば、経管栄養をひたすら入れていく人、点滴やバルーン、胃管交換などの処置を行う人。
こんな感じで看護師の業務内容は日々変わります。
ひたすら経管栄養だけをやって業務終了の日もあります。
機能別だからか、業務の助け合いやコミュニケーションがほとんどありません・・・。

以前の職場では、運ばれてきた患者さんに対して医師も看護師も技師もみんなで関わっていました。
状況に応じて私の役割が変わり、周りと協力しての業務。
終わったあとは「おつかれ!」なんて声かけあって、充実感と達成感がありました。

確かに、今の職場はルーティンですごく楽です。
でも転職して1年、やりがいを感じたことがありません。
私は以前感じていた充実感や達成感がやりがいにつながっていたようです。
ルーティン業務は向ていなかったってことですね・・・

やりがいは「仕事が楽しい」につながるっす

給料低すぎて余裕がない!

T.Aさん(大阪府 女)
病院 : 急性期病院

ズバリ、私のやりがいは「お金」です!
看護師は聖職なんだから、そんなゲスいこと言うな?
いやいや、ちょっと言わせてください。

私の病院、給料が安いんですよ!安すぎ!
こんなにスキルも上がって(自分で言っちゃう)、リーダーもやって、委員会も頑張って、勉強会も主催して。
かなり貢献してますよ。
私の給料、手取り20万~22万ですよ。
5年目のそこそこのナースですよ。
夜勤やってますよ。
私の価値はこれだけですかって不満持つでしょ!?

そりゃ新人の頃はもらえるだけでうれしいかったですね。
毎日できることが増えていくことがやりがいでした。
後輩ができてからは後輩の面倒見たり、リーダーとしてみんなの業務が問題なく終われた日はやりがいを感じていました。
そして今は、不満ばかりが大きくなって、気づいたらやりがいを感じなくなっていました。
不満や怒りが大きくなればなるほど、やりがいって感じなくなるものなんですね。

たしかにね、看護師のやりがいは給料以外にも探せばいくらでもありますよ。
でも私は患者さんから「ありがとう」って言われても、難しい採血が一発で成功しても、もはややりがいを感じません。
それくらい心が乏しくなってしまったんですね。
私わかったんです。
やりがいを感じるには、ある程度の心の余裕が必要なんだと。

給料への不満があって、やりがいを感じない人もっといると思うんです。
あんなに患者さん想いだった職場のスタッフも、給料の低さから心がすさんできています(笑)
ゲスい話ですけど、お金ってモチベーションに直結するし、生活を豊かにするために必要なものですからね。

お金の不満がクリアになれば、もっと他に意識が向いてやりがいもって楽しく仕事ができると思います。
だからって、転職するのは面倒だし、今更新しい職場ってのも不安でなかなか踏み出せずにいます。
心の余裕をもって、もう一度楽しく仕事がしたいです・・・

不満が大きいとやりがいを感じにくいっす

医師中心の時代遅れの職場

D.Rさん(静岡県 女)
病院 : 急性期病院

何のために看護師やっているんだろう?
そう日々悩んでいます。
私が働いている病院は、医師が絶対的な立場にいる病院。

ここでは、看護師から医師への意見はご法度。
看護師の意見は全く聞き入れてもらえません。
看護師が許されるのは医師から指示された業務と、医師への情報提供のみ。
何か自分なりの考えや意見を述べることは、医師の機嫌を損ねるため師長からもきつく注意されてしまいます。
そう、師長はあてになりません。
医師のご機嫌取りに必死ですから。

今時ないですよね?
古い病院で、組織的にこんな体制ですから。
病院は医師の味方。
一看護師が改革を試みても、何も変わりません。

こんな病院で働いていてて、やりがいを見つけるのは難易度高いでしょう。
患者さんに罪はありませんが、患者さんの対応にもやる気が出ません。
看護師、辞めようかなと迷っています。

時代遅れの病院では、やりたい看護ができないっす

やりがいを感じない原因

やりがいを感じないのは自分のせい?
いいえ、多くの場合職場に問題があります。

今の職場で大きな不満、強いストレスを抱いていませんか?
不満やストレスが大きければ大きいほど、やりがいは感じにくくなるのです。

では次に、やりがいを取り戻した看護師の体験談を紹介します。

やりがいを見つけた看護師

自分の成長がやりがい!

G.Eさん(大阪府 女)
病院 : 急性期病院

私が新卒で入った病院は、成長が実感できない職場でした。
というのも、教育体制や評価制度が確立されていなかったからです。
私の場合、自分の成長がやりがいでした。
そのため、仕事が全然面白くなくて。

今日いう、評価制度がないとまず、今の自分の評価がわかりません。
そして、次に目指すべき目標を見失います。
今自分はこのレベル。これができたら次はこれ!
みたいな。

成長が点数で見えたり、指導者から褒められたりするとうれしいじゃないですか?
これができるようになった、やったー!
次あれができるように頑張ろう!
ていう盛り上がりはゼロでした。

ただただ、その日言われたことをやるだけ。
達成すべき目標があるわけでもなく。
ちゃんと指導されるわけでもなく。
自分の成果を評価されるわけでもなく。

やりがいを感じず、面白くなくなってきて。

この職場で、看護師を続けられるのか?
悩んで悩んで、半年で別の病院に転職しました。

今度は評価制度がある病院に!
そしたら、私に指導者ができました!
きちんと評価してくれて、相談も応援もしてくれて。
成長過程も実感できて・・・
いや、きっとこれが普通なんでしょうけど(笑)

劇的に看護師の仕事が楽しくなりました。
スキルが身につき成長していく自分を実感することが楽しくて、仕事も面白くて!
やりがいを感じるってこういうことかってわかりました!
仕事内容や大変さは、前の病院とあまり変わらないんですけどね。

まだ半年の新人が転職ってさすがにやばいかなって悩みました。
でも、やりがいがないと仕事って続かないと思うんです。
あの時、転職してよかった!
だから私は今も看護師として働けています。

やりがいがないって悩んでいる看護師さん。
勇気をもって職場を変えてみたら、案外とあっさり解決するかもせれませんよ。

職場環境が変わればやりがいも見つかるっす

転職して新たなやりがいを手に入れた!

O.Bさん(福岡県 女)
病院 : 急性期病院

あんなに楽しかった仕事にやりがいを感じなくなってしまいました。
仕事でやりがいを感じる瞬間はたくさんありました。
緊急入院をササっとさばけたとき。
急変時に周りをうまく連携させ乗り切れたとき。
仲間に頼りにされたとき。
担当患者さんが元気に退院されたとき。
しかし、私はやりがいを感じなくなってしまったんです。
やる気のない2人の看護師のせいで。

2人はいつも自分が楽をすることばかり考えているような看護師でした。
自分より下の子たちに仕事を押しつけて定時に帰る。
ナースコールは自分の担当でも出ない。
委員会の仕事はさぼる。

私はその2人よりも先輩ですが、それでも頼るふりをして仕事を押し付けてきました。
丸投げってやつですね。
頼りにされるとやりがいを感じますが、これは別。
そのせいで何度も残業になりました。

めんどくさい、なんで私が、疲れた、だれかやって~
2人のそういった発言や態度に、だんだんイライラが募り・・・

いつしかイライラばかりで、やりがいを感じなくなりました。
心を乱される自分が情けなく、深く悩むようになりました。
やりがいを感じなくなると、看護師向いてないのかもって考えるんですよね。
それが進むと、看護師辞めようかって考るようになりました。

しばらくうじうじ悩んでいましたが・・・
そこで辞めるくらいならと、思い切って転職をしたんです。

結果、やりがいを取り戻しました!
新しい職場は、達成感や充実感がります。
なにより、押し付けではない頼られ方が心地よく、やりがいを感じています。
さらには教育の責任者として任命されました。
プリセプターの教育や、学生の教育など、今は新たなやりがいを見つけることができました。
やりがいがあるのとないのでは、仕事の楽しさが全然違いますね!

大きなストレスが障害となり、今まで感じていたやりがいを見失うことってあるんです。
でも、そのストレスがなくなれば、またやりがいは取り戻せます!

実は転職エージェントを利用しました。
胡散臭いというイメージから、これまで使ったことはなかったんですが・・・
今回本当に利用してよかったと思ったので。
転職に失敗するという概念が私にはありませんでした。
しかし思いつきで転職していたら、失敗していたかもしれません。

悩み続けるくらいなら、転職も一つの方法。
でも思いつきで転職するのはやめましょう。

やりがいを見失ったら、取り戻すっす!

まとめ

やりがいを感じる。
だから仕事が楽しい!
だから頑張れる!
だから続けられる!
このようにやりがいは仕事へのモチベーションや満足感につながります。

やりがいを感じない。
楽しくない・・・。
やる気出ない・・・。
辞めたい・・・。
このように、やりがいがないとどんどん悩みが深くなります。

解決するには、原因となる不満やストレスとさよならすることです。
異動や転職で職場環境を変えるのがおすすめ。
ただし、転職は情報を集め、よく検討しましょう。

やりがいに悩む看護師が1人でも減りますように。


悩み解決の近道↓↓

実力のある転職サイトを使おう!


看護師が「やりがい」に悩んだ時に知っておきたい事


「誰かの役に立ちたい」「人の命を救いたい」そのために看護師になった・・・それははっきり言って理想です。
現実はそんなに甘くないです。
新人看護師が人の命を救いたいと思っても、知識も技術もないのに無理ですよね。
新人に限らず、多くの看護師が、この理想と現実とのギャップに苦しみ、悩みます。

看護師の理想

看護師は人の命に関わる医療の現場で働いています。
そのため、こうなりたいという理想をもって働いている看護師が多くいます。

・人の命を救いたい
・病気で苦しむ人を介抱したい
・どんな緊急時にも冷静に対応できる敏腕看護師になりたい
・患者の笑顔がみたい

このように医療のスペシャリストとしての意識の高さが感じられます。
理想をもって働いている看護師は素晴らしいと思います。
ただ、その理想の高さに自分を苦しめていないか心配です。

現実の看護師

看護師は「白衣の天使」!かっこよく、あこがれの仕事に見られます。
しかし実際は、過酷でストレスの多い職業です。

看護師の「3K」

・きつい
夜勤勤務があることで、生活リズムが崩れます。
残業も多く、業務も激務といわれています。

・汚い
おむつ交換や吐物処理、吐血や血便の観察・・・
一般職がどんなにやい変な仕事でも、こういった業務はないでしょう。

・危険
血液や吐物から感染する可能性もあります。
看護師で一番多いのが、患者に刺した針を自分で誤って刺してしまう針刺し事故です。

実際は3Kなのに、本当に前述のような理想を掲げているのでしょうか??

実際はこうです。

・もっとたくさん給料がほしい
・面倒な患者は受け持ちたくない
・緊急入院がありませんように
・定時で帰りたい

など、それぞれがもっと現実的な理想を持っています。
人の命を・・・という壮大な想いは学生か新人の頃だけ。
日々の激務の中で感じることは、こういった自分に付随した内容がほとんどなのです。

やりがい=よろこび

かといって、忙しく辛い業務の中で、新人の頃に抱いていた理想が全くなくなったわけではありません。
自分のことでいっぱいいっぱいになると、新人の頃抱いていた理想は忘れてしまいがち。
だから看護師をやっている人は「やりがい」について悩むのです。

じゃあ、「やりがい」ってなに?
「やりがい」を感じるときは、よろこびを感じたときです。
よろこびを感じるときは人によって違いますよね。
その人の価値観や考え方で変わってきます。

「私は働いて給料をもらうことがやりがいと感じる!」それでいいんです!

やりがいについて悩んだときは、仕事中のこんなことがうれしかった、感動した出来事を振り返ってみましょう。
それがあなたのやりがいです。

スキル別のやりがい

やりがいを感じる内容は、看護師の能力や経験によっても変わってきます。

<新人看護師~>
・患者さんから「ありがとう」と言われたとき
・受け持ち患者が無事に退院したとき
・先輩にほめられたとき
・できないことができるようになったとき
・勉強したことが業務に活かせたとき
・一人でまかせてもらえたとき
・夜勤ができるようになったとき
・先生が言っていることが理解できたとき
・初めてお給料をもらったとき

<中堅看護師~>
・患者さんから担当はあなたがいいと言われたとき
・受け持ち患者がいつもより多くても問題なく業務が終わった時
・ずいぶん前に退院した患者さんが私を覚訪ねてきたとき
・後輩ができなかった採血を代わりに私がなんなくこなしたとき
・後輩に頼りにされていると感じたとき
・定時できっちり終わったとき
・患者の状態に合わせて看護ができたとき
・ミスを指摘できたとき
・ボーナスをもらったとき

<ベテラン看護師~>
・患者さんからあなたが一番安心できると言われたとき
・受けもった患者を次の日の受け持ちが楽になるように先回りして業務を終わらせたとき
・緊急入院や急変があっても時間通りに終わったとき
・自分がリーダーでチーム全員が、もれなく時間内に業務を終わらせたとき
・他病棟からの応援にいって結果を残せたとき
・急変時に的確に指示、対応し危機回避できたとき
・主任や師長に昇進したとき
・後輩や上司から相談されたとき
・患者について医師から、スタッフ代表としての意見を求められたとき

新人の頃には、自分の成長に関して、患者さんからの感謝の気持ちがやりがいに直結する傾向にあります。
また、ベテラン看護師になるにつれ、チームとしての成功や他社からの評価、難しいことへの挑戦にやりがいを感じていることがわかります。
このように、看護師のスキルに応じて、感じるやりがいは変わってきます。

やりがいについて悩んだら・・・・

やりがいについて悩むことは看護師の成長を促すことにもなります。
悩みすぎて、看護師を辞めることだけは避けましょう。

経験を重ね、看護師技術、知識が身に就くことで、自分に自信が持てるでしょう。
新人の頃できなかった、「患者の命を救いたい」という理想を実現することだってできるんです。
続ける先には、看護師の仕事がもっと面白く感じ、もっと幅広い、未知のやりがいを感じることが可能です。

多くの業務をこなす毎日で、理想を忘れ、やりがいに気づかなくなっている可能性があります。
やりがいを感じるには、自分を見つめなおし、心の余裕を持つことが大切です。

あなたの看護師としてのよろこびは何ですか?